当社では、ウェブサイトの最適な動作を確保するためにクッキーを使用しており、改善に役立つ情報を収集しています。
プライバシーとクッキーの情報

OK
  1. 成功事例
  2. Odense Maritime Technology

時間とスペースを有効活用できる設計ツール

世界中の設計およびエンジニアリング企業が無料のオンラインツールであるRoxtec Transit Designer™を評価しており、ケーブルとパイプ貫通部を簡単に設計するために使用しています。デンマークのOMT(Odense Maritime Technology)もその中の一つです。

OMTのChief Process OfficerであるNiels Ammundsenは、ウェブベースのアプリケーションが同社の軍艦設計プロジェクトにおいていかに重要かを説明しています。

「時間を大幅に節約できました。期間を最大80%短縮でき、特に変更が必要となった場合の工期がかなり短くなりました」

 
Niels Ammundsen

Niels Ammundsenと、彼の同僚のClaus Ebbesen(電子/自動化部門部長)、Tommy Nørmark Christensen(電子設計者)、Kent Bøtchiær Dam Olsen(OMTのS3Dサポートグループ)によると、最近のプロジェクトでの主なメリットは、ツールによって各ケーブル貫通部の使用率を追跡できたことだと言います。

「1,000か所の貫通部と厳密なマージンがありました。お客様は、将来の施工のための20%のスペースと、プロジェクト全体での予備のマージンの詳細な制御を必要としていました。Roxtec Transit Designerを使用して、十分なスペースがあることを確認できました」

リアルタイムの更新

チームは開発を監視して、ケーブル貫通部の使用率に関して毎日リアルタイムで更新することができました。これによって、新たに開口部を作成したり修正したりしなければならないリスクを回避したい顧客を安心させることができました。

「ツールによって、船内のスペースの使用状況を監視し、マージンを考慮することができました。他のケーブル貫通部にスペースがあるかどうかを確認することもできます」

時間を80%短縮

OMTチームは、貫通部のサイジングと追跡を手動で行った場合と比較すると、Roxtec Transit Designerによって80%の時間を節約できたと推定しています。

時間を大幅に節約できました。特に終盤の段階や変更が必要となった場合の工期がかなり短くなりましたまた、問題が帆桁で発生する前に問題を特定できるため、リスクを低減できます。
Niels Ammundsen、Odense Maritime Technology A/SのChief Process Officer

オンラインで作業を共有

チームは、使いやすいインターフェース、Intergraph Smart 3Dなどの設計プログラムとの連携、Roxtecシーリングモジュールのパッキング方法のビジュアル、およびプロジェクトメンバーとオンラインで協力して作業できる機能を評価しています。

「このプロジェクトと文書を、離れた場所にいる設計者とオンラインで共有して、最終的に施工中の補助ツールとしてプロジェクトを当社のクライアントに提供できます」

OMTチームは、すべての要件に準拠したシーリングソリューションを確実に選択し、貫通部のサイズを適切にするためにツールを使用します。

「私たちは、前回のプロジェクトから、Roxtecが役目を果たし、耐火性と気密性に関して必要な認証を所有していることを知っています」