浸水被害からクラウドを守りましょう

浸水被害とダウンタイムを回避する方法

資料をダウンロード (英語)
浸水被害からクラウドを守りましょう

豪雨災害や海面上昇により、世界中の何百ものデータセンターが危機にさらされています。

Error loading video
動画 - ダウンタイムの回避

Roxtec の Jason Hood (インフラ部門 前グローバル・マネージャー) が、重要な通信インフラを浸水や洪水から守る最良のヒントを、資料にまとめました。 

この資料『Water Mitigation in Data Centers. Preparing for Natural Disasters and Climate Change (データセンターにおける水害の軽減 - 自然災害と気候変動への備え)』では、データセンターの強靭化に必要な 3 つの対策を解説し、いかにして安全な稼働と事業の継続性を確保するかを解説しています。 ダウンタイムのリスクを軽減するため、ぜひご一読ください。 データセンターの稼働停止により生じる平均的なコストは 740,357 USドルです。ご存知でしたか?

 

資料をダウンロードして詳細を読む

 

 

datacenter_cloud_600px.gif

戦略的な検討

まず大事なことは、初めから正しい場所を選ぶことです。 データセンターは、低リスクな場所、つまり高い地下水面と長期的な湿度の影響を受けづらい場所に建てましょう。

効率的なシールの採用

それほど激しい降雨量でなくても、水は安定的な稼働に悪影響を及ぼす可能性があります。 ケーブルやパイプが貫通するすべての開口部のシーリング処理にはベストプラクティスを。

高コストな稼働停止を回避

設備全体の安全を守りまょう。 発電機や開閉装置など、すべての機器設備において湿気や部分放電のリスクから保護することが重要です。

水害の軽減対策に関する資料をダウンロードする

お客様の情報をご入力いただくと、Jason Hood (インフラ部門 前グローバル・マネージャー) 作成のデータセンターの保護に関する資料をご覧いただけます。

ありがとうございました!

直ぐにメールにてご連絡いたします。


Roxtec

データセンター向けのケーブル・パイプ貫通部シールに関しては、こちらも併せてご覧ください。 私たちのシール製品、成功事例、設計ツールについてご紹介いたします。

データセンター向けシール製品

データセンター向けシール製品

損害となるダウンタイムを回避するため、目的に合ったシーリングソリューションを選びましょう。 Roxtec のケーブル・パイプ貫通部シールは、世界中のデータセンターとサーバーホールを火災、水、空気漏れの危険から保護しています。

成功事例

成功事例

Roxtec の安全なシール製品は、多くの事業主、運営会社、設計者、建設会社に選ばれ、最先端のデータセンターで標準として採用されています。 データセンターでの成功事例をいくつか紹介いたします。

便利な設計ツール

便利な設計ツール

無料のオンライン設計ツール、Roxtec Transit Designer™ をご利用ください。 ウェブ上で使えるアプリケーションで、製品の選定やケーブル・パイプ貫通部に関わる作業全体がシンプルになります。