This seems to be your market:

当社では、ウェブサイトの最適な動作を確保するためにクッキーを使用しており、改善に役立つ情報を収集しています。
プライバシーとクッキーの情報

OK

データセンターの水害対策

損失の大きいダウンタイムを回避する方法

資料をダウンロード(英語)
データセンターの水害対策

気候変動に関するレポートによれば、集中豪雨と海面上昇の現象が起きています。 Roxtecのインフラストラクチャー部門のグローバルマネージャーであるジェイソン・フッドが、水害からデータセンターを守る対策に関する資料で、最良のヒントをお伝えいたします。

ジェイソン・フッドがまとめた「データセンターにおける水害の軽減 - 自然災害と気候変動への備え」という資料では、データセンターを浸水に強くするための対策、運用上の信頼性を維持する方法について説明しています。 ダウンタイムのリスクを軽減する方法をぜひご一読ください。 データセンターの停止に関わる平均的なコストは 740,357 USドル (約 8,000 万円) です。ご存知でしたか?

 

詳しくは資料をダウンロードしてください。

 

戦略的な検討

まず最初から正しい場所を選ぶことが大事です。 データセンターは、高い地下水面と長期的な湿度の影響を受けづらい、低リスクな場所に設置しなければなりません。

効率的なシールの採用

運用に悪影響を及ぼす水に関連した問題は、中ぐらいの降雨量でも発生する可能性があります。 ケーブルとパイプが貫通するすべての開口部のシーリングにはベストプラクティスを活用しましょう。

大きな損失となる停止を回避

施設全体を保護しましょう。 発電機や開閉装置を含むすべての設備を、湿気や部分放電のリスクから保護することが重要です。

水害の軽減対策に関する資料をダウンロードする

お手数ですが、お客様の情報をご入力ください。ジェイソン・フッド (インフラストラクチャー部門グローバルマネージャー) 作成のデータセンターの保護に関する資料を入手いただけます。