当社では、ウェブサイトの最適な動作を確保するためにクッキーを使用しており、改善に役立つ情報を収集しています。
プライバシーとクッキーの情報

OK

火災発生時にはプロジェクトが危険にさらされます。 Roxtecのケーブルとパイプ貫通部は実証済みの防火仕切りです。

Roxtecの耐火試験設備は製品開発および事前認可工程における重要な役割を果たしています。 サンプルは全システムと同様の実際的な環境で試験を受ける必要があるため、Roxtecの試験および認証エンジニアまた検査技術者は正確を期して試験に備えます。

Error loading video
Roxtecでの試験 - 防火試験

耐火試験には図面から構造および断熱材にいたるまですべてが必要です。 試験の被検査物は、垂直壁、隔壁、水平床、デッキのいずれかに施工され、加熱炉に取り付けられます。 熱電温度計が試験対象のいたるところに設置され制御室のコンピュータに接続されます。 顧客または分類協会からの代表者が同席している場合には、試験開始前に観察用プラットフォームへ招かれます。

耐火および断熱検証

この試験は、定められた時間内のシール耐火性および断熱性の維持を検証するために実施されます。 火災には溶け落ちがあってはならず、高温気体が非燃焼側を発火させる結果になってもいけません。 よくある要件はA-60、つまり1時間の防火および温度上昇を試験開始から最大180˚C以内に抑えることです。

価値ある結果

厳格に規制された標準にしたがって、様々な場所で温度が計測されます。 直接結果が記録され、コンピュータースクリーン上に表示されます。 試験の被検査物の温度が下がると検証されます。 両面にわたって漏れまたは極度の高温および高温気体の可能性がある部分が検査されます。
グラフおよび写真に提示される結果は、顧客とエンジニア双方にとって役立ちます。

お問い合わせ

私たちはお客様のプライバシーを尊重します。

Roxtecプライバシーポリシーをお読みください。