当社では、ウェブサイトの最適な動作を確保するためにクッキーを使用しており、改善に役立つ情報を収集しています。
プライバシーとクッキーの情報

OK
  1. Roxtecのビジネスコンセプト
  2. 安全性を追求した製品開発
  3. 短絡接地試験

短絡接地試験

通電能力を検証。

短絡接地試験

電気保安を確保し電気ショックを避けるために接地は必須です。落雷または短絡電流は人的損傷、電子機器の損壊および稼動停止の原因になる可能性があります。

Roxtec BG™ (接地) 貫通部は、シーリングモジュールの高耐久性ブレイドを通して、メタルクラッド、アーマードケーブル、シールドケーブルを接続します。危険場所での使用を前提として設計され、落雷やサージ電流による影響から保護します。ブレイドの能力はRoxtecのエンジニアおよび外部試験機関によって試験されています。

Error loading video
Roxtecでの試験 - 短絡接地

スウェーデンのカールスクルーナにあるRoxtec試験施設の試験装置は、Roxtec接地システムの能力を検証し、起こりうるいかなる故障電流にも耐えられるようにするために使用されています。Roxtecシールは、極めて強力で繰り返される故障電流にも絶えるように開発されています。

先進的な試験装置

試験装置はRoxtecフレームに接続された端子盤で、一方はアーマードケーブルの代わりとして長寿命銅チューブに接続されています。最大10kAの電流を発生できる本装置は、Roxtec BG™システムに電流を流します。試験の間ずっと電流を監視し、故障がないことを確認します。

検証済みの性能

後に貫通部を開き、シーリングモジュールのブレイドにまったく損傷がないこと、および要求通電能力を満たしていることを確認します。Roxtecのケーブルとパイプ貫通部は数多くの異なる基準、要件および用途のためにテストされています。

革新的な技術の詳細 – 接地についてご覧ください。

お問い合わせ

私たちはお客様のプライバシーを尊重します。

Roxtecプライバシーポリシーをお読みください。