当社では、ウェブサイトの最適な動作を確保するためにクッキーを使用しており、改善に役立つ情報を収集しています。
プライバシーとクッキーの情報

OK

ケーブル・パイプ貫通部の開発において、EMI(電磁妨害)とEMP(電磁パルス)の遮蔽機能に優れた製品を提供するならば、遮蔽効果を試験することは極めて重要です。

電磁妨害は、太陽嵐やオーロラなどの様々な自然現象によって引き起こされることがあります。 また、携帯電話や家電製品が精密電子機器に影響を与えることがあり、その逆となる可能性もあります。 あるいは、静電気の放電、スイッチの火花、電子戦またはテロ行為により形成される、好ましくない電磁場もあります。 遮蔽能力が実証されている製品を使用すれば、誤作動、障害または致命的な事故のリスクを最小限に抑えることが可能です。

Error loading video
Roxtecでの試験 - 電磁遮蔽試験

遮蔽された試験環境

Roxtec試験所では、エンジニアや技術者は遮蔽室、アンテナ、送信機と受信機を使用して、シール製品が発揮できる放射性妨害波の減衰性能を検証しています。

ほぼ全てのEMC基準を満たす周波数帯で遮蔽性能を評価することが可能です。 Roxtec ESモジュールは導電ゴムのレイヤーを備えており、電磁妨害を減衰させることができ、放射性EMIに対する優れたバリアとなります。

結果

このシールの減衰レベルで簡易な評価と比較をし、製品開発プロセスに活かされます。 試験結果は十分な遮蔽性能があることを示しており、貫通ポイントの保護能力としては、完全な遮蔽ソリューションを形成していると証明できます。

革新的技術の詳細はこちらへ – EMCソリューション

お問い合わせ

私たちはお客様のプライバシーを尊重します。

Roxtecプライバシーポリシーをお読みください。