This seems to be your market:

当社では、ウェブサイトの最適な動作を確保するためにクッキーを使用しており、改善に役立つ情報を収集しています。
プライバシーとクッキーの情報

OK
  1. ニュース
  2. 造船所のスタンダードを一段上に

Fassmer 造船所 スタンダードを一段上に

Fassmer 造船所 スタンダードを一段上に
  • ビジネスニュース

公開済み:
編集済み:

配管貫通部をシール処理する際に重要なことは何でしょうか? まず、シール製品は認証された保護を提供する必要があります。さらに、1本でも複数本でも配管を扱いやすく、使用スペースを節約できることも重要となります。 そこで、ドイツのベルンにある Fassmer 造船所は、造船所の標準として Roxtec 配管シールを加えることに決めました。 

「配管サイズを詳細に決定しなくても、開口部を1つ設計して準備しておけばいいので便利です。 建造中に実際の配管を何本か開口部に通し、シール材をパイプの外径に合わせて調整するだけです。 後で配管を追加することもできます」と、Fassmer 造船部門のシニア 3D コーディネーターである Alla Klatt 氏は語ります。

動画と成功事例はこちらから

ビジネスニュースをもっと読む