当社では、ウェブサイトの最適な動作を確保するためにクッキーを使用しており、改善に役立つ情報を収集しています。
プライバシーとクッキーの情報

OK
  1. ニュース
  2. ベルギーの鉄道インフラの安全を確保

ベルギーの鉄道インフラの安全を確保

ベルギーの鉄道インフラの安全を確保
  • 教育および情報

公開済み:

ベルギーでは、国中の鉄道インフラ設備(牽引動力、変電所、ケーブルピット、駅、トンネル、通信施設、キャビネット)にロクステックのケーブル、コンジット、およびパイプ用シーリングシステムが採用されています。

このシーリングは防火仕様になっているうえ、煙、ガス、水、湿気、塵の侵入も防ぎます。また同時に、ネズミの侵入、振動、ケーブルの引張り荷重、電流サージのリスクからも守ることができます。

「もし鼠が導線を噛めば通信が切断され、利用者は切符を買えなくなってしまいます。フランスでは、鼠が銅製ケーブルを噛んだことで2台の鉄道車両が衝突しました」とベルギーの鉄道運営会社InfrabelのエンジニアであるWouter Vandenburie氏は述べています。

動画と成功事例を見る。