当社では、ウェブサイトの最適な動作を確保するためにクッキーを使用しており、改善に役立つ情報を収集しています。
プライバシーとクッキーの情報

OK
  1. 成功事例
  2. ENGIE Fabricom

ENGIE FabricomはRoxtecを安全なシールのサプライヤーとして選択

ENGIE FabricomはRoxtecを安全なシールのサプライヤーとして選択

Roxtecの貫通部は、Dong Energy's Burbo Bankオフショア風力発電所の変電所に搭載された、ケーブルとパイプの数百もの開口部を密閉するために使用されました。変電所を建築する企業であるENGIE Fabricomは、Roxtecの貫通部を使用して、保護機能を最適化し、運用信頼性を実現しています。

「Roxtecならば、100%確実です」

Error loading video
保護のためのパートナー

「海上の大気を遮断することが課題でした。Roxtecによってすべてを制御でき、火災が発生した場合でも、部屋は100%確実に隔離されます」と、ENGIE FabricomのArea Sales ManagerであるWilly Martensはコメントしています。

Roxtecのシーリングソリューションは、火災、ガス、浸水に対する保護のために、世界中の変電所で使用されています。貫通部は、高電圧電源ケーブルのほか、信号ケーブル、光ファイバーケーブルや、制御キャビネット内で使用されます。貫通部は、空調設備から消火システムのパイプまで、幅広いパイプの貫通にも使用されます。

「Roxtecのような優れた製品があれば、メンテナンスや保証期間について心配する必要はありません。システムや変電所に浸水したという苦情は今までありません」とWilly Martensは言います。

隅々まで行き渡る品質

Burbo Bankのオフショアの変電所は、ベルギーのHobokenに建築されました。少なくとも25年間に渡り、リバプール沖の32基の風力タービンから電力を集め、再生可能エネルギーを供給する予定です。そのため、運用信頼性を確保することが非常に重要です。32基のタービンを持つ風力発電所が停止すると、発電のロスだけで数十万ユーロもの損失になります。ヘリコプターと技術者の高額なコストも発生する上、好天気を逃さずにメンテナンスを行うのは困難な課題です。

ENGIE Fabricomは、Roxtec貫通部の施工時に50%の予備スペースを確保することで、将来のニーズや追加のケーブル敷設に備えています。